リレンザは病院とネットどちらが安いのか?

抗インフルエンザウイルス薬として有名なリレンザは、ノイラミニダーゼ阻害薬の分類に入り、服用して喉の粘膜から吸収されると、ウイルスの増殖を抑えて、発症期間を1~2日間ほど短縮するという効果があります。
ウイルスを抑える作用に加え、吸入型で水を使わずにどんな場所でも使用できることから、予防薬としても利用されています。
リレンザは医師の処方が必要で、薬局で直接購入することができないのため、入手するには医者の診察を受けて、抗インフルエンザウイルス薬が必要と診断されるか、個人輸入によって購入する方法の2つになります。
医者の診察で購入するには、2つの方法があり、まず自由診療ができる病院に行って、処方箋を出してもらう方法です。
この場合は健康保険が適応されず、全額自己負担となるので、診察代および処方箋代で3,000~4,000円ほど、処方箋を出して薬局で購入する薬代で3,000~4,000円ほどかかり、全額で6,000円以上の出費となります。
自由診療のため、薬代の相場も上下が激しく、高いところでは全額8,000円を超えることも少なくありません。
もしも家族の中にインフルエンザ患者がいて、自分も何かしらの基礎疾患がある場合は、予防投与が許可されるので自由診療にはならず保険適応となって、6,000円前後からの3割負担になります。
ただし、自由診療とは違うため治療薬の選択はできず、リレンザを処方されるかどうかは医師の判断に任せられます。
個人輸入を使ってネットで購入する場合は、相場が6,000円前後となっているので、リレンザの薬代だけで言えば、ネットの方が高くついてしまいます。
しかし、自由診療ができる病院を探す手間と薬代の幅を考えると、ネットで手堅く購入する方が良いでしょう。

リレンザを購入する前に使用方法を理解しておく

インフルエンザ治療薬は、臨床試験の段階のものもありますが、国内で主に使えるのは、タミフルとリレンザになります。
タミフルは経口薬なので、水などと一緒に口から飲むだけなので簡単ですが、リレンザは吸入薬なので、まったく違った使い方になります。
最近は個人輸入代行通販を利用し、リレンザを購入する方も増えていますが、購入前に使用方法を理解しておかないと、購入後に戸惑ったり、驚くことになるので、ネットなどで情報を調べておくようにしましょう。
リレンザの使用方法を簡単に説明しますと、成人および小児は1回分の2ブリスターを、1日2回ずつ、5日間、専用の吸入器で吸入します。
症状があらわれてから2日以内に使用しないと効果がないので、熱が出たり、頭痛や筋肉痛を感じたら、すぐに用いるようにしましょう。
慢性呼吸器疾患を持つ人で、そのための治療に用いる吸入薬を併用するなら、この薬の前に使って、その後にリレンザを使うことが大切です。
吸入はリラックスした姿勢で行い、指示された時間通りに使用しましょう。
もし忘れてしまったら、気がついた時点で1回分の2ブリスターを吸入するべきですが、次の使用時間が迫っている場合は無理に使用せず、次の1回分を抜くようにしてください。
2回分を一度に吸入するのは危険なので、誤って多く吸入した場合は、すぐに医師または薬剤師に相談するようにしましょう。
これらの使用方法や注意点さえ守っていれば、リレンザのような吸入薬も簡単に用いることが出来るので、インフルエンザが流行する冬の季節は、手元に置いておくとよいですね。
家族全員のリレンザを準備しておけば、いつインフルエンザウイルスに感染しても、素早く対処することが出来ます。

ネット通販のリレンザの購入価格

インフルエンザの治療や予防を行いたいけれど、タミフルは副作用が心配という方は、リレンザを使用することをおすすめします。
リレンザはイギリスにあるグラクソ・スミスクライン社が製造販売している抗インフルエンザ薬で、病院に行けば処方してもらうことが出来ます。
インフルエンザにかかっている人のための治療に用いられるのはもちろん、インフルエンザの予防薬としても使えるので、個人輸入代行通販などで注文し、自宅に備えておくのも良いでしょう。
リレンザの主成分はザナミビルですが、インフルエンザウイルスが増殖する原因である、ノイラミニダーゼという酵素の働きを抑える作用があるので、症状が重くなるのを防げます。
リレンザはタミフルのような経口薬ではなく、粉末状になった薬を口から吸い込むことでウイルスの増殖を抑える吸入薬なので、コツをつかむまでは飲みにくい面があります。
鼻やのど、口、気管、気管支などの、インフルエンザウイルスが増殖する気道に直接薬の成分を届けられるので、高い効果を期待できます。
インフルエンザの治療や予防には、経口薬のタミフルを処方されることが多かったのですが、タミフルの服用による子供の異常行動が問題となったことがあったため、最近は吸入薬のリレンザを処方する病院が増えてきています。
病院でもらう以外の方法で手に入れたいときは、個人輸入代行通販でも取り扱っているので、複数のサイトを比較し、もっとも価格が安いところを選んで購入するようにしましょう。
気になるネット通販のリレンザの購入価格は、6000円前後になりますが、ポイントが付くサイトを利用すれば、次回購入時にお得になります。
ポイントの有無や送料なども比較してから、どこのサイトから買うかを決めるとよいでしょう。
●インフルエンザの治療薬【リレンザ】ならこちらで
リレンザ | 治療薬 | インフルエンザ