インフルエンザの診断で何型かによりリレンザで治療

冬になると、周囲でマスクをつける人が増えますが、風邪やインフルエンザの菌が体に入ると、あっというまに増殖して、高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、下痢などの症状が起こるので注意しなければなりません。
風邪の場合は、2、3日もすれば落ち着きますが、インフルエンザの場合は長引くことが多いので、長期間学校や会社を休まなければならないこともあります。
重症化すると、しばらく入院して治療を受けなければならないので、治療費も相当なものとなるでしょう。
そこまで悪化するのは嫌なので、出来るだけ早く治したいという方はインフルエンザの治療や予防に高い効果のある、リレンザという薬を使うことをおすすめします。
リレンザはインフルエンザのA型とB型にしか効果がないので、まずはお近くの病院やクリニックで、何型なのかを診断してもらうようにしてください。
診断を受けた方の大体はAかBで、C型の人はめったにいないので、インフルエンザにかかるほとんどの人に対し、リレンザは効果があります。
かつてタミフルという抗インフルエンザ薬の使用により、子供や未成年の異常行動が問題となったことがあり、ニュースでもよく取り上げられていましたが、リレンザはタミフルのような経口薬ではなく、吸入薬なので、それほど副作用はないと考えられています。
しかし人によっては、どう作用するかはわからないので、リレンザを子供や未成年が使用するときは、親がそばで監視するようにしてください。
リレンザを使うと、体の中でインフルエンザウイルスが増殖しないよう、抑えることが出来るので、高熱や体の痛みなどの症状が早く治まります。
予防にも向いている薬なので、お医者さんに処方してもらうか、個人輸入代行通販に注文するようにしてください。