リレンザを使用する大人はのどの乾燥を防ごう

インフルエンザを予防するには、部屋を加湿することが重要です。現代の家は気密性が高いため、空気が自然と入れ替わることはほぼありません。冬場になると暖房をきかせていることもあり、空気が乾燥してしまいます。乾燥した空気は人の喉や鼻の粘膜の水分を奪ってしまうのですが、その時奪ってしまうのは水分だけではなく、免疫力をも奪ってしまうのです。インフルエンザは人間ののどから肺にかけての気道という部分の粘膜で増殖します。インフルエンザ治療と予防の薬であるリレンザはそれに注目し、気道に直接薬剤を吸入する薬になっています。リレンザは気道内部のウイルスが増殖することを防いでくれる薬ですが、ウイルス自体を殺す薬ではありません。本来は人間ののどや鼻の粘膜が体内に入ってきたインフルエンザウイルスを撃退する免疫力を持っているのですが、空気が乾燥することにより免疫力が落ち、インフルエンザウイルスが簡単に粘膜に付着し感染しやすくなってしまっています。喉や鼻の粘膜を乾燥から守ることで免疫力が落ちないようにしてインフルエンザウイルスの感染を防ぐため、のどを乾燥から守ることが重要になってきます。そのために、室内にいるときは湿度を十分に保つようにしましょう。特別な道具や家電がなくても、濡れたタオルを部屋に置いておいたり、ストーブの上に薬缶をかけておくだけでも構いません。また、外出の時もマスクをすれば外側からやってくるウイルスやほこりを防いだり、呼吸と共に吐き出される水蒸気がマスクの内側にこもるため、のどや鼻の粘膜は乾燥から守られます。また、仕事を休めない、家族に受験生がいるような人は、リレンザを予防薬として常備しておくのも良いでしょう。